住宅ローンの減税・控除について

住宅を購入したり、新築で建てたりすることは家計を圧迫してしまうこともあります。住宅ローンの返済はだいたいが数十年かかるとも言われており、その負担を少しでも軽減するための措置が住宅ローンの控除です。

 

住宅ローン控除は先ほども紹介したように、住宅を購入した方の負担を軽減することで経済を活性化させるのが目的だと言われています。そして住宅を新築した時のみならずバリアフリーや省エネ、耐震工事などリフォームをされた方も対象となります。

 

平成16年〜平成20年の間に住宅を購入された方が対象となり、条件を満たしていれば誰でも控除を受けることができます。控除される期間は10年間となっており、合計所得金額が3000万円以下の年に対象となります。

 

ただし、平成21年度以降に住宅を建てられた方の中でも、長期優良住宅に適合している場合は住宅ローンの控除を受けることができます。長期優良住宅の場合は、一般の住宅と比べてみても最大控除額が100万円となっていますので、一般の住宅寄りも控除額が多くなります。

 

ちなみに、長期優良住宅の場合は税制上でも優遇を受けることができることもありますので、覚えておいた方が良いかもしれません。ただし、控除が受けられるからと言って今すぐに住宅を建てる必要はありませんから、良く検討していくことが大切です。

 

 

住宅ローン,人気ランキング今月最も申込みが多かったのはこの住宅ローン↓↓

 

掲載金融機関

住宅ローンの減税・控除

住宅ローンの減税・控除

住宅ローンの減税・控除

住宅ローンの減税・控除

住宅ローンの減税・控除

住宅ローンの減税・控除

住宅ローンの減税・控除

フラット35の掲載金融機関

住宅ローンの減税・控除

住宅ローンの減税・控除

住宅ローンの控除と必要書類

住宅ローンの控除を受ける際は、会社員として企業に勤められている場合年末調整時にまとめて必要書類を提出することになります。税務署で予めまとめられた住宅借入金等特別控除額の計算明細書、銀行のローンを利用されている方は今現在の残高証明書を添付します。これらの必要書類を提出すれば自分で確定申告を行わずとも控...

» 続きを読む

住宅ローン減税と確定申告

住宅ローンの減税措置を受けるためには、一度は必ず確定申告を自ら行わないといけません。自営業の場合は、毎年確定申告を行う際に併せて住宅ローンの減税の書類を提出していくことになりますが、会社員で給与をもらっている場合は、住宅を購入した年の確定申告において一度は必要な書類と一緒に税務署、もしくはインターネ...

» 続きを読む

所得税・住民税控除の注意点

ふるさと納税には限度額がある住宅ローン減税と併用できるふるさと納税ですが、いくらでも寄付をしてよいとされています。しかし、ふるさと納税で受けられるメリットというのは、寄付をしたときのお礼の品だけでなく、寄付金のほぼ全額を所得税や住民税の控除に回してもらえるという点です。この制度は、所得税、住民税の基...

» 続きを読む

住宅ローン控除の条件

住宅ローンの控除は、住宅を購入した方や新築された方が対象となります。ですので、大半の方は控除を受けることができるのですが、実際には控除を受けるための条件が決められていますので、この条件をすべて満たされている方のみが対象となります。つまり、場合によっては控除を受けられない方も出てくることがあるというわ...

» 続きを読む

住宅ローン減税の期間

住宅ローンの減税は、住宅ローンを返済している間ずっと続くわけではありません。住宅を購入してから予め決められた期間のみ減税を受けることができるようになります。減税額や減税が受けられる期間については、住宅を購入した年数によっても変わってきます。一般的には平成21年〜平成25年の間に居住していることが認め...

» 続きを読む

自営業の方は必読!住宅ローン控除の落とし穴とは?

住宅ローン控除とは?住宅を購入や新築、リフォームすると多くの方が住宅ローンを金融機関で借りるでしょう。そのローンは、一定の条件の審査に合格すると青色申告のときに「住宅ローン控除」を受けられます。その一定条件とは、主に6つあります。・住宅取得後6カ月以内に居住を開始する。・控除を受ける年の合計所得が3...

» 続きを読む

住宅ローン減税と借り換え

住宅ローンの減税を受けている間、少なからず借り換えなどをされる方もいるのではないかと思います。確かに借り換えをすることで負担を軽減したりトータルで見た時にお得になることもありますから、借り換えを行うことはとても大切です。しかしながら、ローンの借り換えをした時というのは再度減税を受けるための条件を見た...

» 続きを読む

住宅ローンの減税のシミュレーション

住宅ローンの減税が受けられるかどうか、それは条件を満たしているかどうかがポイントとなってきます。自分が住宅ローンの減税画どれくらい受けられるかは、借入額や返済期間などによってもかなり異なってきますので一概にどのくらいとは言えません。だからといって返ってこないわけではありませんから、やはりどのくらいの...

» 続きを読む

住宅ローン減税の必要書類

住宅ローンの減税を受けるためには、確定申告が必要なのはすでにご存じの方も多いでしょう。いつも行っている確定申告や年末調整にプラスして必要とされている書類を提出しなくてはいけませんので、期間に間に合うように事前に書類を手元に揃えておくと焦ることなく手続きを行っていくことができます。一般的に確定申告など...

» 続きを読む

住宅ローン減税の条件

住宅ローンの減税を受けたり控除を受けたりする時には、予め決められている条件を満たしている必要があります。最長で10年間は減税措置を受けることができますので、住宅を購入される方が気になるのもわかりますが、条件を一つでも見たしていないと減税を受けることはできません。減税を受けるために必要な条件というのは...

» 続きを読む

住宅ローン減税の延長

住宅ローンの減税は、受けられる期間が決まっていたのですが日本の景気を考えて延長に延長されています。控除の規模が大きくなることもあれば小さくなってしまうこともありますが、以前までは控除額が減少していたのですが、平成21年度移行は住宅ローンの減税が継続することが決まっていますから、今住宅を購入される方は...

» 続きを読む

住宅ローン減税の手続き

住宅ローンの減税を受けるためには、手続きなどをしっかりと行っていくことが大切です。住宅ローンの減税を受けるために確定申告を行うことになりますので、忘れないように手続きを行っていきましょう。ただし確定申告を受け付けているのは2月16日〜3月15日までと決まっています。この期間を過ぎてしまうと減税措置を...

» 続きを読む

住宅ローン減税と住民税

住宅ローンの減税は、基本的に所得税から控除されています。ですが、2007年に税源が委譲されたことで所得税額が減ってしまっていますので、控除額も必然的に減ってしまう方が増えてきていることもあって、それらに該当される方は住民税からも住宅ローンの控除を受けられるようになっています。わかりやすく言うと、所得...

» 続きを読む

住宅ローン減税とふるさと納税、控除の併用はできるのか

住宅ローン減税とふるさと納税住宅ローンを支払っている場合、いくつかの条件を満たせば、その年度の借入額の1%を所得税や地方税から控除することができます。一方、ふるさと納税は、自分が選んだ任意の自治体に寄付をすることによって、その年度の所得税や住民税を一部減免してもらえます。その上で、その寄付をした自治...

» 続きを読む

住宅ローン控除と医療費控除を併用するとどれくらいお得になる?

医療費控除というのはどんな制度か医療費控除とは、いわゆる所得控除と呼ばれる制度のうちの一つです。この制度は、納税額から一定額が差し引かれる住宅ローン控除とは異なり、超過した医療費の分を所得額から差し引く仕組みになっています。所得が年間300万円の人で、その年の医療費が30万円だった人を具体例として挙...

» 続きを読む

住宅ローン控除に必要な申告書を紛失してしまったとき

税務署の用紙を紛失したらサラリーマンで住宅ローンを組んでいると、2年目以降「給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書」が税務署から送られてきます。秋ごろにA4判で送られてくる9枚つづりの用紙です。12月になっていざ必要となったときに「大切にしすぎて、どこにしまったのか忘れてしまった。紛...

» 続きを読む

住宅ローン控除と住民税

住宅ローンの控除は、原則として住宅を購入された方が対象となります。年末にどのくらいのローンの残高があるのかによって減額される額は異なってきますが、所得税から控除されることになります。当初は所得税のみが控除されていたのですが、所得税額が減ったことを受けて控除が減ってしまう方々が増えることがわかったため...

» 続きを読む

住宅ローン控除ってなに?

住宅ローン控除の基礎知識マイホーム購入を助けてくれる仕組みの一つに、住宅ローン控除があります。わかりやすい言い方をすると、「一定期間に亘って、ローン残高に応じた金額を所得税から引いてもらえる」制度です。一般的には、ローンの年末残高の1%を、毎年の所得税から10年に渡って引くことができるため、ローン残...

» 続きを読む

住宅ローン控除の手続き

住宅ローンの控除を受けるためには条件を満たしている必要があります。条件を満たしているかどうかをチェックするために確定申告画行われていますので、ある程度揃えなくてはいけない書類もあれば手続きをしなくてはいけないこともあるのは致し方ないことだと言っても言い過ぎではありません。これらの手続きを踏んでおけば...

» 続きを読む

住宅ローン控除と借り換え

住宅ローンで損をしないためには、借り換えを検討することはとても大切です。ですが、借り換えを行うと住宅ローンの控除画受けられなくなってしまうのでは心配されている方もいるかも知れませんが、結論を言えば借り換えを行っても住宅ローンの控除を受けることはできますので、さほど心配する必要はありません。ただし、借...

» 続きを読む

住宅ローン控除の計算

住宅を購入した場合に優遇してもらえる措置が、住宅ローンの控除です。住宅ローンの控除を受けられる方が大半の中、一定の条件を満たしていないことで控除を受けることができない方がいるのも事実。住宅ローンの控除を受けるためには、10年以上ローンの返済期間があることが一番の条件となっています。住宅ローンの控除の...

» 続きを読む

住宅ローン控除と繰り上げ返済

住宅ローンをいかに早く返していくかが返済の負担を軽減することができるポイントだと言われています。繰り上げ返済をすればするほど利息も減り毎月々の支払額も変わってきますし、住宅ローンをトータルで見た時の差もかなり大きなものになりますので繰り上げ返済をしていくことはとても大切です。しかしながら、住宅ローン...

» 続きを読む

住宅ローンと確定申告

住宅を購入すると住宅ローンの控除を受けることができます。正し控除を毎年受けるためには確定申告などの手続きが必要となりますので覚えておいて損をすることはありません。これは、一会社員の方も同じで会社で行われている年末調整のみでは住宅ローンの控除を受けることはできません。ですので、一度住宅ローンに関する確...

» 続きを読む

住宅ローン控除のシミュレーション

住宅を購入すると、大半の方は住宅ローンの控除を受けることができます。控除を受けるためには、予め決められている条件を満たしている必要があり、一つでも条件が漏れていると控除を受けることができません。住宅を購入しいざ控除の手続きをしてみると、本当はどのくらいの控除を受けられるのかわかっているようで分かって...

» 続きを読む