住宅ローンの基礎知識

それぞれの金融機関で住宅ローンを利用することができる商品が登場しています。店頭金利にはさほど差がなくても、適用金利は大きく差が開いてしまうことも少なくありませんので、しっかりとチェックしていくことが大切です。

 

ですが、住宅ローンが利用できる金融機関はたくさんありますので、一つ一つを比較して調べていくことはとても難しいですし、正直面倒な部分も大きいのではないでしょうか。だからといって借り入れができればどこでも良いというわけではありませんよね。

 

そういった時に便利なのが住宅ローンを提供している金融機関を比較しているサイトです。それぞれの特徴はもちろんのこと、魅力、メリットなどを分かりやすく説明をしてくれていますし、比較が簡単にできるようになっているので時間がない方、こういった作業が難しいと感じる方はぜひ利用してみると良いでしょう。

 

また、住宅ローンにかかるのは金利だけではなく、様々な手数料が発生することも珍しい事ではありません。この手数料などについてもしっかりと比較できるサイトなどを上手に利用していくといいですね。住宅ローンの選び方や審査のポイントなどについても掲載されていることもありますので大変役に立つでしょう。

 

 

住宅ローン,人気ランキング今月最も申込みが多かったのはこの住宅ローン↓↓

 

掲載金融機関

住宅ローンの基礎知識

住宅ローンの基礎知識

住宅ローンの基礎知識

住宅ローンの基礎知識

住宅ローンの基礎知識

住宅ローンの基礎知識

住宅ローンの基礎知識

フラット35の掲載金融機関

住宅ローンの基礎知識

住宅ローンの基礎知識

 

住宅ローン,人気ランキング今月最も申込みが多かったのはこの住宅ローン↓↓

 

掲載金融機関

住宅ローンの基礎知識

住宅ローンの基礎知識

住宅ローンの基礎知識

住宅ローンの基礎知識

住宅ローンの基礎知識

住宅ローンの基礎知識

住宅ローンの基礎知識

フラット35の掲載金融機関

住宅ローンの基礎知識

住宅ローンの基礎知識

住宅ローンの組み方

住宅ローンを利用する前に、大切なのが現在を良く把握することだと言っても過言ではありません。支払いの方法やもちろん貯蓄の状況などについてもきちんと明確にしながら、住宅ローンを借りた際の返済期間を試算したり予算についても考えていくことが大切です。物件の購入を先に行う方もいるようですが、実際に資金が把握で...

» 続きを読む

住宅ローンの選び方

住宅ローンを借り入れる場合、どのように選んでいけばいいのかわかりますか?ほとんどの金融機関で住宅ローンを扱っているのですが、金利画それぞれに異なってくることも珍しい事ではありませんのでどこにポイントを置いて選んでいけばいいのか迷ってしまうのも当然です。多くの方は「どこの金融機関で住宅ローンを借り入れ...

» 続きを読む

住宅ローンの申し込み

いざ住宅ローンを申し込む時に、どのような手続きを踏んでいくのか検討が付いている方はどのくらいいるでしょうか。もちろん物件が決まる前にどの程度融資してもらうことができるのか調べることは大切ですが、本格的に銀行側が審査してくれるのは購入する物件が決まった時となります。「住宅ローンの審査が通らなかったらど...

» 続きを読む

住宅ローンの借入可能額

住宅ローンを借り入れるといっても、人それぞれ融資してもらえるであろう金額は異なります。なぜなら年収が違ってくるからです。年収が多ければその分借り入れられる額も大きくなることは安易に予想できることではありますが、果たして今の自分がどの程度借り入れを行うことができるのか、これから住宅ローンを借りようとさ...

» 続きを読む

住宅ローンのシミュレーション

これから住宅ローンの借り入れを検討している方も、更新の手続きが近づいてきている方もぜひ利用していきたいのが住宅ローンをシミュレーションできるサイトです。住宅ローンにかかる金利や最終的な支払額については、普段使っている電卓では計算することができません。銀行で計算してもらうこともできますが、銀行員が使用...

» 続きを読む

住宅ローンの乗り換え、どこがよい?

住宅ローンの乗り換えマイホームを購入した人、またはこれから購入を検討している人の中には、住宅ローンは一度契約したら、その内容のままで完済まで払い続けなければならないと考えている人も少なくありません。実際にはどのような払い方であれ、現在のローンを完済すればその契約はなくなりますので、乗り換えをすること...

» 続きを読む

住宅ローンの在籍確認

在籍確認とは在籍確認というのは、融資の申し込みやクレジットカードの発行などの手続きにおいて、審査の一環として行われるものです。通常、これらの申し込みをするときには勤務先を記載する必要がありますが、金融機関等にとっては、これが真実かどうかの判断はできません。住所氏名などは住民票や印鑑証明などで証明でき...

» 続きを読む

住宅ローン返済中に転勤になった場合、ローン控除はどうなるの?

家族で引っ越す場合住宅ローン控除が受けられなくなる事例としては、転勤に伴い家族全員で引っ越すケースが挙げられます。その理由として、ローン控除を受けるためには、購入した住居に住み続けなければいけないという決まりがあるためです。投資目的の不動産購入に、ローン控除が適応されないよう定められたものですが、転...

» 続きを読む

住宅ローンのセミナーって実際のところどうなの?気になる注意点や活用方法

まずは住宅ローンのセミナーの目的をしっかりと覚えておこう!まず住宅ローンの相談会やセミナーが開催される目的をを考えて、自分にとってプラスになるセミナーにだけ参加すべきでしょう。当たり前の話ですが、金融機関がセミナーを開催するのは自分の銀行の商品を契約してもらいたいからです。ローンの不安、乗り換え悩み...

» 続きを読む

住宅ローンを決める上でのポイント

理想的な支払い額とは住宅ローンは、収入の20〜25%が最適だとされています。よって自分の収入に合わせて、理想的な支払い額を算出する必要があるでしょう。ある調査結果では、月々の返済額が10万円以下の人が約90%だったというデータも発表されています。目安としては、現在の賃貸と同じような金額をローンに設定...

» 続きを読む

住宅ローン借り換えで、金利引き下げ交渉をするときに気を付けたいこと

交渉でのNGワード住宅ローンの金利引き下げ交渉にあたって、まず言ってはいけないNGワードがあります。それは「生活が苦しい」「経済状況がひっ迫している」など、支払能力自体を疑いたくなるような言葉です。銀行は、借り手の支払い能力を信用力としていますので、「住宅ローンは、今後払っていけそうもない」というよ...

» 続きを読む

連帯債務で住宅ローンを組んだときの確定申告書の書き方

連帯債務であればそれぞれに控除を受けることができる住宅ローン控除を受ける際には、どんな職業の人であっても、年度末に確定申告書を提出しなくてはいけません。申告書の書き方には細かな違いがありますが、給与所得者であっても、自営業者やアルバイトであってもほぼ変わりません。住宅ローンの連帯債務というのは、一つ...

» 続きを読む

中古戸建住宅の購入で住宅ローン控除は受けられる?

住宅ローン控除の条件とはどのようなもの?住宅ローン控除を受けるためには、年間の所得額が3,000万円以下であることや、融資期間が10年以上の住宅ローンを金融機関などから借り入れていること、といった条件があります。また、購入する物件そのものについてもいくつかの規定が設けられています。例えば、床面積に関...

» 続きを読む

住宅のプロパーローン

プロパーの住宅ローンとは住宅ローンというのは、金融機関が窓口とはなっていますが、ほとんどの場合において保証会社が保証を行っています。保証会社といっても、窓口となっている金融機関と同じ系列の会社が行っていることが多いですが、保証料を支払うことによって、万が一支払いが遅れた場合には保証会社にローンの残額...

» 続きを読む

住宅ローンにかかる登記費用

登記の種類と費用不動産登記というのは、法務局に各不動産について、所有者や担保などを登録することです。法務局に対して、登記申請書を出すことで数日後には登録されるという流れになっています。土地の場合、すでに地番や地目、地積などが登録されていますので、通常は所有権の移転で持ち主の変更を登録してください。ま...

» 続きを読む

住宅ローンの分割実行

住宅ローンの分割実行とは住宅ローンというのは、住宅の購入目的のためだけに支払われます。そのため、通常は1回のみの支払いとなりますが、まず土地を購入し、そのあとで注文住宅を建てるといったケースの場合には、一度で融資を行うことができません。最初に土地の購入代金を支払わなければなりませんので、その時に1回...

» 続きを読む

住宅ローン減税の適用

住宅ローン減税とはマイホームを購入するときに住宅ローンを利用する人は多いですが、毎月の負担が大きいと嘆くばかりではありません。住宅ローンを払っており、いくつかの条件を満たしている場合には、最長10年間は所得税や住民税の控除を受けることができますので、家計においてもかなりのメリットが得られます。住宅ロ...

» 続きを読む

単身赴任による住宅ローン控除

単身赴任中の減税措置住宅ローンの返済をしている途中で、転勤を命じられたときにはどうすればよいでしょうか。近くであれば、長距離通勤をするという選択肢もありますが、遠方となると引っ越しを考えなければなりません。せっかく購入したマイホームも、空き家になると傷みが激しくなりますので、できる限り家族が住んでい...

» 続きを読む

住宅ローンの変動金利とプライムレートの関係とは

住宅ローンの金利はどのようにして決められる?住宅ローンの金利は、金融機関や商品の種類によってそれぞれ違いがあります。また、利率がずっと変わらない固定金利だけでなく、半年ごとに利率が見直される変動金利タイプがあることも、どの住宅ローンを選べばよいのかを難しくしています。では、これらの金利について金融機...

» 続きを読む

離婚後も住宅ローン控除を受けるために、知っておくべき注意点

住宅ローン控除額は借入残高の1%分そもそも住宅ローン控除とは、住宅借入金等特別控除というのが正式な名称です。住宅を購入したら住宅ローンを組んで返済していくのが一般的でしょう。住宅ローン控除は始めの年に確定申告で手続きをするだけで10年間適用されます。ただし税務署から毎年送付される「年末調整のための(...

» 続きを読む

育児休業中の住宅ローン

育休中の控除住宅ローンを返済する期間は、20〜30年程度と長期的な設定になっていることがほとんどです。当然、若い年代のうちからマイホームを購入する人も多く、ローンの返済中に妊娠・出産したという世帯も少なくありません。近年では子育てに関する優遇措置が増えてきており、育休もある程度長く取ることができるよ...

» 続きを読む

外国籍の人が住宅ローンを組む方法

外国人が住宅ローンを組むための必須条件外国人が住宅ローンを組む際には、ほぼ日本人と同様の審査基準を満たすことが必要となります。具体的には、永住権が必要です。住宅ローンの契約は20年から30年といった長期契約のものが主流です。そのため、契約期間中、日本での支払をしっかりと続けてくれる人である必要があり...

» 続きを読む

住宅ローンの担保評価

住宅ローンの担保評価住宅ローンは、ローンの中でも最も高額な融資の一つとなっています。そのため、原則購入したマイホームを担保に入れて、購入に必要な資金を借りるというシステムです。また、支払い能力のある連帯保証人もつける必要があります。ただし、金融機関も単純に住宅を担保として提供されれば融資をするという...

» 続きを読む

住宅ローンが残っていても建て替えでローンは組めるのか?

住宅ローンが残っている状態で建て替えを考える理由とは?物件を購入して、住宅ローンが残っている状態で建て替えを検討する人は多くないと思っている方もいるかもしれません。実際は、住宅ローンが残っていても、建て替えが必要になるケースも多く見られます。建て替えが必要になるケースの1つとして、災害が挙げられます...

» 続きを読む

住宅ローンとjicc

jiccとはjiccというのは、信用情報を管理している組織の一つです。正式には日本信用情報機構といい、国内ではcic、ksc(全国銀行個人信用情報センター)と合わせて3つの機関が存在します。マイカーローンや住宅ローン、リフォームローン、教育ローンなどのほか、キャッシングやクレジットカードの発行などの...

» 続きを読む

住宅ローンに三大疾病の保険はつけるべき?

三大疾病とは?住宅ローンに借りると必ず団体信用生命保険に加入しなければなりません。この保険は、万が一返済途中で契約者が亡くなり、返済できなくなったときに残りのローンを全額支払ってくれます。また、この保険の保険料は、住宅ローンを貸してくれる銀行が負担してくれるため、契約者は新たにお金を払う必要がありま...

» 続きを読む

低金利時代の固定金利

住宅ローンで人気の高い固定金利住宅ローンの金利には固定金利と変動金利がありますが、どちらを選ぶのがよいのか紹介していきます。固定金利とは借りたときの金利がずっと継続されるプランです。金利は経済状況に左右され、常に推移していきますが、固定制の場合、借りたローンはずっと変わりません。現実としては固定金利...

» 続きを読む

住宅におけるオーバーローン

オーバーローンとは住宅ローンというのは、基本的に住宅を購入するための資金として融資を得ることになっています。そのため、ローンの申し込みをしたときには、担当者は購入する予定の住宅の金額がわかるものや、その他の費用の明細などについて、書類の提出を求めるとともに、不明なものについては直接聞き取りも行われま...

» 続きを読む

住宅ローンを契約するときに保証料はどれくらいかかる?

住宅ローンの保証料とは?住宅ローンの融資を行っている金融機関の多くは、貸し付けをする際に保証会社を間に立てています。保証会社は、住宅ローンの利用者による返済が滞ったときに、金融機関に対して残金を代理で納めることになっています。いわば、借入金の一時的な肩代わりをするのですが、そのことによって利用者の負...

» 続きを読む

住宅ローン返済ができない場合に起こり得ることとは?

初めての滞納から催促状が届けられるまでの流れ住宅ローンが払えなくなったら、家を競売にかけられたり、金融機関のブラックリストに載ってしまうなどと言われますが、滞納してすぐにこのような状態へ追い込まれることはありません。しかし、一度でも支払いに遅れが出ると金融機関から連絡が来ることは間違いないです。まず...

» 続きを読む

年収が低くてもOK?親子リレーで住宅ローンを組む方法

住宅ローンの親子リレーとは?まず、このローンは具体的にどのようなものなのかについて見ていくことにしましょう。親子リレー住宅ローンでは、親と子あるいは孫が一つのローンを共同で契約することになります。ローン契約を結ぶことができるのは、親とその直系に当たる子や孫、またはその配偶者です。つまり、ある家の住宅...

» 続きを読む

健康診断の結果が住宅ローンの審査に影響するって本当?

団体信用生命保険とはどのようなものか団体信用生命保険は、多くの金融機関が住宅ローンの融資をする際に加入を義務付けている生命保険です。この保険に加入すると、契約者が死亡したり体に重い障害を負った場合に、保険金が支払われます。団信の保険金は、住宅ローンの残金が残っている金融機関が受け取る仕組みです。つま...

» 続きを読む

変化する住宅ローンの金利相場

金利の決まり方住宅ローンの借り入れは、マイホームの購入ですので数千万円の金額を、20〜30年以上かけて返済していくというケースがほとんどです。これだけ規模の大きい借り入れになると、利息も数百万円にも上りますので、できるだけ利息を安く抑えることのできる方法を探したいものです。住宅ローンでは、金利の相場...

» 続きを読む

住宅ローンは融資額が大きくなりやすく長期化してしまうからこそ見直しが効果的なので...

さまざまな住宅ローンの概要を見てみよう住宅ローンの借り換えを検討するときに、いくつかのキーワードがあるので紹介しておきましょう。まずは金利です。まず注意が必要なのは固定性なのか変動性なのかということです。固定とは返済期間中一定金利ということで、逆に変動金利は情勢に合わせて変動するということです。どち...

» 続きを読む

これからの住宅ローンはどうすべきか

金利の見通し住宅ローンを利用するときには、今後の金利の見通しをすることによって、借り方を選ぶようにしましょう。例えば、ゼロ金利、マイナス金利といわれるような利息が非常に少なくなっている時期に契約をする場合には、今後さらに利息が減る可能性が低いため、固定方式にするか、長期的に利率を固定した後で変動方式...

» 続きを読む

ペアローンのメリット・デメリットと注意したいポイント

ペアローンの3つのメリット共働き夫婦の場合、ペアローンにするメリットは大きく3つあります。一つ目は、住宅ローン控除を二人分受けられる点です。ローン控除とは、ローンを組んでから最長10年間、住民税の減額や所得税の還付が受けられる制度です。ローン控除は、対象となる金額が決まっており、それが余ってしまうと...

» 続きを読む

景気に左右される変動金利

変動金利の概要変動金利とは、住宅ローンの金利を、一定期間ごとにそのときの市場の動向などを見ながら見直すタイプの金利方式です。通常、金利は半年に一度見直されますが、住宅ローンの場合には、契約から5年間は契約時の利率のままで返済を続け、その後も5年に一度のペースで利息を変更するというタイプが多くなってい...

» 続きを読む

住宅ローンは複数申し込んでも大丈夫?複数の銀行に申し込む際のメリットとデメリット...

住宅ローンを複数申し込んでもOK!審査には基本的に時間がかかる!住宅ローンを複数の銀行に申し込むと何かデメリットがあるのではないかと思われがちですが、さまざまなメリットがあることも理解しておきましょう。銀行にて審査を申し込んだ場合、最初に仮審査、次に本審査を行い、審査に通ればようやく住宅ローンを借り...

» 続きを読む

ゆとりのある返済計画を

返済計画の立て方住宅ローンを利用するときには、まずいくら借り入れるかを決めなければなりません。物件の金額がまだ決まっていないときには、年収の5倍程度を上限と考えて、オプションをつけたり不要な箇所を削っていくとよいでしょう。実際には、これに印紙代や登記費用、不動産取得税、固定資産税などの費用が発生しま...

» 続きを読む

お得なのか?預金連動

預金連動型とは預金連動型の住宅ローンというのは、借り入れをする金融機関に預けている預金の残高に応じて、住宅ローンの利息が軽減されるというものです。一例をあげると、3,000万円のローンを組んで2,000万円を金融機関に預けているときなどは、残りの1,000万円に対してのみローンの金利がかかってくると...

» 続きを読む

パートでも安心。住宅ローンを組むことができます

パートでも住宅ローンの審査は通るの?正社員でない人が住宅ローンを組むときに、まず不安に思うことはパートでも住宅ローンの審査は通るのかということですよね。確かに、ほとんどの民間の金融機関では、パートやアルバイトでの住宅ローンの申し込みを受け付けていないことが多いのです。たとえ正社員と同じくらいの収入が...

» 続きを読む

うつ病だと住宅ローンを組めないって本当?

告知義務の内容とは?住宅ローンそのものは収入が安定していれば問題なく金融機関内での審査に通るかもしれません。しかし大半の民間金融機関では団体信用生命保険への加入が必須条件になるので、うつ病で保険に加入できないと審査に落ちる可能性が高いです。保険の告知内容は保険会社や種類によって違うかもしれませんが、...

» 続きを読む

CICとはどのようなもの?住宅ローンの申し込みの際にはどう関わってくるの?

住宅ローンの審査が行われる仕組み住宅ローンは、住宅金融支援機構のほか、銀行や農協といった金融機関からさまざまな商品が提供されています。しかし、契約を結ぶに当たって必要となる審査の内容は、どの金融機関でもほぼ似たようなものです。家を買いたいと思っている人から融資の相談を受けた場合、金融機関では、利用者...

» 続きを読む

住宅ローンの組み替えをしてみよう

住宅ローンというとすぐに金利を比べてしまう住宅ローンは、自動車ローンや教育ローンなどと同じように金利を上乗せして返済していく借金の一種です。なので金利が高ければ、最終的な支払額も増えると考えることは間違いではありません。その意味で、住宅ローンを比べるときに金利が高いのか低いのか気になるのもうなずけま...

» 続きを読む

住宅ローンが遅れたら

住宅ローン遅延のリスク住宅ローンの返済は、通常数十年間かけて返していくことになるだけでなく、毎月の負担額もかなり大きなものになりがちです。そのため、一度遅延してしまうと、それを翌月以降に取り戻すというのはかなり困難です。支払いが遅れたとき、遅れが発生した日からは利息よりもさらに率の高い遅延損害金がつ...

» 続きを読む

マイホームは親子で一緒に購入!そのリスクとトラブル解消法とは?

親子住宅ローンとは?どんなメリットとデメリットがあるの?まず親子住宅ローンと呼ばれるローンの組み方には二通り考えられます。金融機関によって名称は異なるものの、親子がリレーのようにしてローンを引き継ぐ「リレーローン」と、親子が二人三脚のようにスタートしてローンを返済する「ペアローン」です。ペアローンで...

» 続きを読む

住宅ローンの借り換えで家の名義は変更したほうがよい?

ローンを借り換えると贈与税がかかることがある一般に、住宅ローンの借り換えを行った場合、今まで支払っていたローンとは金利が変わってくることがほとんどです。また、固定金利から変動金利、変動金利から固定金利へと、金利のタイプを変更することも可能です。それまでに契約していたローンが金利の高い時期に申し込んだ...

» 続きを読む

マイホームを建てるなら知っていて損はしない住宅ローンの控除と補助金

住宅ローンを組むときに押さえておきたい控除と補助金いざマイホームを建てようと思うと、次から次へと気になることが増えていきます。まずは土地選び、そして外観のイメージに間取り、内装の壁の色、収納スペースはこのくらいで十分かなど、はじめてならなおさら悩みは尽きません。人生で何度もマイホームを建てることはな...

» 続きを読む

電子申告e−taxを使って住宅ローン控除を受ける方法

e−taxを利用して住宅ローン控除が受けられる?e-taxというのは、所得税や法人税、消費税といった国税の申告とすべての納税をインターネットで行えるシステムです。さまざまな税金の申告をウェブ上で実行できるほか、専用のソフトをダウンロードして書類を作成したり電子署名を付与することなどが可能です。e-t...

» 続きを読む

住宅ローンの支払いタイミングと注意点

基本的な住宅ローン支払いのタイミングとは基本的に住宅ローンは、新居が完成し建設会社からの引き渡しが行われた時点から実行されます。これをローン実行と言い、このローン実行日から一定期間が経過すると、ローンの支払いがスタートします。支払いが始まるタイミングは銀行によって異なりますが、多くが60日以内となっ...

» 続きを読む

母子家庭でも住宅ローンを利用する方法

何より安定した定期収入がポイント実は住宅ローンの審査において、返済者の支払い能力がポイントのため、母子家庭か、そうでないかといったことはあまり重要ではありません。よって、独身か既婚かシングルかということではなく、安定した収入とそれに見合った返済能力があることが認められれば、住宅ローンの審査は通りやす...

» 続きを読む

住宅ローンの借り換え

借り換えとは住宅ローンの借り換えというのは、現在契約している住宅ローンの残債務を全額返済して、新たなローンを契約することです。これは、同じ金融機関内で行うこともあれば、全く異なる金融機関に変更するケースもあるでしょう。他行で借り換えをするときの主な手続きの流れは、現在の残債務を確認したのち、その金額...

» 続きを読む

住宅ローンの借り換えのときに一番気になることは

借り換えのときに気になる違約金住宅購入時に契約した住宅ローンは数十年と言う場合も多いかと思いますが、経済的事情や金利の変動などによって住宅ローンを見直す方が増えてきています。年間に考えてみるとかなりの金額を支払っている住宅ローンですのでそれを見直すだけでかなりの節約になるのは間違いありません。しかし...

» 続きを読む

マイホーム購入後リストラにあったらどうする!?住宅ローン返済で被害を小さくする対...

無理な返済は避け、返済計画の見直しを早めに金融機関へ相談しよう不況の波で、リストラになることは誰にでも起こり得るトラブルでしょう。しかし、住宅ローンの債権者である金融機関が、債務者が一度でも返済期限を守らないと支払いを求めて来るのは当然です。リストラになっても通常通り返済をし続けることも対処法の一つ...

» 続きを読む

住宅ローンの借り換え時には年齢制限に気をつけよう

住宅ローンの借り換えは新規申込みと変わらない?住宅ローンの審査項目は新規とほぼ同じです。借入時の年齢および完済時の年齢、年齢や勤続年数、そして団体信用生命保険に加入するために健康状態も重要です。さらに年収に占める借入金返済額の割合である返済負担率が金融機関で設定されていますので、それをクリアしてはじ...

» 続きを読む

住宅ローンの契約時に火災保険をすすめられるのはなぜ?

住宅ローンと火災保険との関係マンションや一戸建てなどを購入したいと考えたとき、多くの人は住宅ローンの契約をして毎月の支払いを行っていくことになります。そのとき、ローンの契約者に対しては、火災保険への加入を求められるケースがほとんどです。しかし、ローンと保険とが実際にセットになっているわけではありませ...

» 続きを読む

大丈夫?定年後の住宅ローン

返済年齢が上がっている昔に比べると結婚の晩婚化などにより家族を持つ年齢も上がり、それに伴い住宅を買う年齢も上がってきています。2013年の国土交通省の住宅市場動向調査によれば、新築住宅の購入者の平均年齢は38歳です。この年齢で新規に住宅ローンを組めば、支払期間30年のローンだとしても支払完了時は68...

» 続きを読む

住宅ローンの見直しはいつ、どうやって?

見直しのポイント住宅ローンを利用する人の多くは、15〜30年程度かけて高額のローンを返済していくことになります。しかし、これだけ長い期間の返済となると、市場にも大きな変化が見られることがほとんどですので、金利が高くなることもあれば、逆に契約時よりも大幅に下がることもあります。また、新商品が出てくるこ...

» 続きを読む

注文住宅を建てる際に利用すると便利なつなぎ融資とは?

つなぎ融資はどのように利用する?一般に、注文住宅を建てるときの流れは次のようになっています。まず、家を建てるための土地を借りるか購入した後で、建築業者に着手金を支払うことで工事が始まります。このときに必要となる着工金の額は、工事費用全体の3割程度ととても大きなものです。また、工事期間中にも中間金、家...

» 続きを読む

アレ?いつの間にか金利が下がっている!?

金利とはなにか住宅ローンに限らず、お金を借りると金利が掛かりますが、「金利を払うなんてもったいない」そんな考え方もあるでしょう。例えば、2,000万円の住宅ローンを組んだとして、金利を支払うことでどんなメリットが考えられるでしょうか。仮に預貯金で2,000万円あったとして、その全額をローンを返済した...

» 続きを読む

バブル期の住宅ローン

バブル期のローン住宅ローンの金利を左右するのは、市場の景気と金融機関の方針です。特に、市場の動きに活気がある好景気の状況下においては、預金の利息も高くなっている反面、融資における利率もかなり高くなっていました。バブル期においては、最盛期の金利は8%となったこともあるほど高利でしたので、マイナス金利の...

» 続きを読む

住宅ローンの契約時に司法書士に支払う費用と、その仕事内容は?

司法書士の役割司法書士というのは、不動産についての仕事だけを行っているわけではありません。普段手がけている案件には、相続に関するものや会社設立時の登記など多くの種類があります。住宅ローンに関して言えば、主に2つの手続きに携わることになります。ひとつは金融機関の抵当権を建物に設定する手続きで、もうひと...

» 続きを読む

住宅ローンの返済方式の選び方

元利均等返済とは住宅ローンには大きく分けて二通りの返済方式があり、そのうちの元利均等返済というのは、毎月の返済額が一律になっている返済方法です。返済額は一律ですが、そのなかで元金と利息の割合は常に変動しています。この方法は、借入残高が高いうちは利息も高くなりますので、毎月返済する元金分の割合は少なく...

» 続きを読む